6/25(日) ワークショップin大船渡

投稿日: カテゴリー: ワークショップ

6月25日(日)、劇団OPA(大船渡パフォーミングアーツ)ワークショップへ行って参りました。

10月の『詩劇 まな子と瞳』福島・いわき公演で彼らが演じる「コロス」という役は、震災の心象風景や見えない巨大な力を独特な身体の動きで表す、陰の主役とも呼ばれる重要な役所です。
昨年の12月の大船渡公演では、小学1年生から高校生までのメンバーが見事に演じきり、多くの共感と感動の渦を巻き起こしました。

今回のワークショップでは、改めて「コロス」の動きを確認するところからスタート!
海の中を漂う浮遊物を連想させるような動きや、身体をくねらせて足で負のイメージを表現する動きなど、和気あいあいと取り組んでいました。
「昨年の公演を経験しているからといえ、舞台とは厳しい場所である。前回は出演出来たシーンであっても、今回は出られないかもしれない。」
特別な空間に立つためには、経験則以上に向き合う姿勢が重要だとの言葉掛けに、メンバーはしっかりと耳を傾けていました。その後は、自身が演じていたシーンはもちろん、演じていなかったシーンの動きに関して、経験者からレクチャーを受け、必死についていく姿がありました。

主要キャストである「まな子役」や「瞳役」が必要な時は、その立ち位置に親御さんに立ってもらう等、まさに劇団OPAメンバー一丸となって舞台創作を進めています!

次回のワークショップは7月22日(土)13:30〜16:30、場所は下欠公民館です。応援宜しくお願い致します!


『詩劇 まな子と瞳』福島いわき公演
出演:劇団I’M・劇団OPA
日時:2017年10月7日(土)、8日(日)
場所:いわき芸術文化交流館アリオス(福島県いわき市)
http://iwaki-alios.jp/
主催:一般社団法人地域舞台創造I’Ms
*公演詳細は後日お知らせします。
続報をどうぞお楽しみに!
(いいね・シェアして頂ければ幸いです)