いわき公演レポート vol. 2

投稿日: カテゴリー: お知らせ, 舞台

10月7・8日に福島県いわき市で上演した『詩劇 まな子と瞳』、いわき公演の反響と舞台写真を一部ご紹介致します!

「冒頭から続く重圧が、一気に解放されとても晴ればれとした気持ちになりました。身体表現・効果音・映像に対比される明かりと音楽のあたたかさ、そして受容することによって変化していく言葉と感情が心に残ります。ありがとうございました。」(30代男性)

「感動です!言葉になりません。」(60代男性・神奈川県)

「忘れることなく、心を新しく、進むための想いを見つめなおすきっかけになれる舞台でした。来年も、何度も公演して下さい。本当にありがとうございました。」(40代女性)

「よくわからずに来て見ましたが、みんなの姿にあっとうしました。最後は感動し涙がでてしまいました。」(10代女性)

「素晴らしい熱演でした。感情が胸にひびき、明るい勇気を頂きました。」(60代女性・東京都)

「脚本、演出、役者…3拍子そろった上出来の作品だと思います。美術、映像も良かった。バックの踊り手の人たちは最高の出来(Very Good!)。」(男性)

「震災や、悲しみの中にいる人に、見せたい」(50代男性)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回のいわき公演にも全国からお客様にお越し頂きました。これまで全く縁故の無かったいわき市での公演でしたが、小さな繋がりを少しずつ辿り、出会いを引き寄せながら、岩手・宮城・福島の被災地を結ぶ公演として、出演者全員が一丸となって築き上げる挑戦的な舞台公演となりました。
ご厚情を賜りましたいわき市の皆さまには、このご縁が今後とも何らかの形で繋がる事を願いながら、この場をお借りしてお礼申し上げます。
本当に有難うございました。

(いいね・シェアをして頂ければ幸いです)