三浦 勇太

Yuta Miura

北海道札幌市出身
札幌市立高等専門学校卒業


1998年、札幌市立高等専門学校1年生の時、劇団I’Mにて身体表現のキャリアをスタート。
同時期、大野一雄の晩年の舞踏に衝撃を受ける。2000年、ソロ活動開始。
2004年、ロサンゼルスにてtony tee(七類 誠一郎)に師事し、黒人リズム感研究のパルスリズム理論と、それに基づき黒人リズム感を後天的に体得するメソッドのインターロック(体幹連動運動)を同氏から修得。
全米ダンスコンテストL.A.Dance Forceにてチーム作品で最優秀賞受賞。
ニューヨークブロードウェイ、フィラデルフィア、ロサンゼルスにて舞台出演。
2005年以降、パルスリズム理論とインターロックに基づき、黒人リズム感や黒人発祥のダンスジャンルの本質を、コンテンポラリー・ダンス、ファインアート、ミュージカル等の他領域に持ち込み、普及活動を開始。
香瑠鼓『Apiture』(2011年、SIM STUDIO)にて須藤カンジの映像作品とコラボレーション、森山開次『曼荼羅の宇宙』(2012年、新国立劇場)ほか多数出演。
TVCMにてキエフ・バレエ団のナタリヤ・マツァークと共演。
月刊ジャパンフィットネス特集記事掲載。体性感覚的意識を重視する等、独自の身体表現を追求し、身体表現に含まれる人間の心身への良影響に焦点をあて、領域を限定せず、被災地の文化振興、ダンスによる国際交流等、多様な貢献活動を行った。
現在まで東京大学の研究協力、震災後岩手県でのワークショップ、台湾でのダンス交流等、グローバルに活動を行っている。
『一般社団法人 地域舞台創造I’Ms』クリエイティブディレクター。

出演歴

2016 『詩劇 まな子と瞳』大船渡公演 ”博士”役
『詩劇 花はくれない』白鷹・武蔵野美術大学公演 ”語り部”役
『詩劇 まな子と瞳』札幌・仙台公演 ”博士”役
2015 『詩劇 花はくれない』白鷹公演 ”歌隊”役
2014 『詩劇 花はくれない』東北芸術工科大学公演 ”歌隊”役
『月船の巫女物語』仙台・大船渡公演 ”駄々伊修”役
2010 『卑弥呼』仙台・日高・札幌公演 ”須佐皇”役
『卑弥呼』深川公演 ”月読命”役
2009 『I’M musical』札幌公演 ”白虎””月天子”役
2006 『卑弥呼』小樽公演・函館公演 ”須佐皇”役
『~歌舞像戯~卑弥呼』札幌公演 ”須佐皇”役
2005 『I’ming way』札幌公演
『卑弥呼』10周年記念札幌公演 ”須佐皇”役
2004 『Style I’m』札幌公演
2002 『月船の巫女物語』札幌公演・長万部公演 ”シンシア”役
2001 『月の船』帯広・洞爺湖・留萌・札幌公演 ”赤木裕次郎”役
2000 『飛天 The Final』新冠・札幌公演 ”湘”役
1999 『飛天 version2000』知床・小平・札幌公演 ”湘”役
1998 『飛天』新冠クリスマス公演

Photo Gallery