HOME > 活動情報 > 作品紹介 > 卑弥呼

卑弥呼

あらすじ

紀元前三世紀、女王卑弥呼が治める邪馬台国。超大国の魏国より、邪馬台国を脅かす勅書が送られてくる。そこには、卑弥呼の即時退陣と神器・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)の献上など、邪馬台国への侵攻を企てる魏国の一方的な要求が記されていた。

恐怖にかられる民人。しかし卑弥呼は、戦いではなく、人々の想像を遥かに越えた決断をくだした…。

現代の世界情勢にも通じる、混迷の時代を背景に戦争が如何に無意味なものかを問いかける壮大な古代叙事詩。

公演歴

2011

鹿追公演

2010

仙台・東北福祉大学公演

札幌・深川・日高公演

​2007

日本縦断公演

名古屋・筑後・福岡・神戸公演

札幌・砂川・名寄公演

2006

札幌・小樽・函館公演

2005

札幌公演

公演チラシ

プロモーション

Photo Gallery