HOME > The Archive of I'Ms Musical > 2019年春クールレポート

アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019年春クールレポート

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クール発表会レポート】

6月22日(土)、ついに迎えた『スタジオ発表会〜夏至の集い』当日!出演者であるアーカイブ・オブ・アイムズミュージカルのメンバーとI’Ms SCHOOLのヒップホップ、ジャズ、ミュージカルクラスのメンバー、30名余りが集い、観客の皆様も合わせると、100名近い方々がスタジオに集いました!

出演者の中には初めての発表にやや緊張しているメンバーもいましたが、場数を踏んでいるメンバーを中心に、互いに励まし合い気持ちを高め合っている姿が印象的でした。

そんな彼らに呼応するかのように、雨マーク一色であった天気予報が嘘のよう!本番中はほとんど雨が降りませんでした。

ここまで一生懸命に頑張ってきた彼らの“ハレ”の舞台に、雨という“水を差さない”形になり本当に良かったです。

そして迎えた本番、出演者全員が立派に本番の舞台を踏み、それぞれの役割を果たし、見事なパフォーマンスを披露してくれました!アーカイブのメンバーも、I'Ms SCHOOLのメンバーも、この発表会に向けて一人ひとりが確かな成長・前進をしたという証を見せてくれました。

今回の発表会もプロセスも含め、私達I‘Msにとっても、本当に貴重で得難い経験と思い出になるものとなりました。

この経験が、彼ら一人ひとりにとって、これからの糧に、前に進む為の後押しに、忘れ難い煌めく思い出となって頂けたら幸いです。

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クールレポートVOL.10】

雨が降りしきる6月15日(土)に行なわれた10回目のアーカイブ・オブ・アイムズミュージカル。

いよいよ今週末は発表会となりました!

メンバー1人ひとりが、ここまで懸命に頑張ってきた甲斐があり、この10回でとても良い所まで来ました。その懸命さは真っ直ぐで爽やかで、梅雨時期の重たい空気が吹き飛ぶような心地がします。

 

初めての事も、困難な事も、「大丈夫、大丈夫!」と声を掛け合い、皆んなで良いパフォーマンスを創り上げよう!という姿勢が、今回の春クールでも感じられました。

あとは、この素敵な仲間達と共に良いものをより良くしていくだけです!

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クールレポートVOL.9】

暑い日が続き、しとしとと恵の雨の降りしきる6月8日(土)。

発表会までいよいよ大詰めを迎え、前回の衣装合わせを経て、最終確認と共に、実際に衣装を身に纏いながら演目の練習を行ないました。

 

前クールのレポートにも書きましたが、やはり衣装は舞台の華!

お客様側にとってもそうですが、演者側にとっても、新鮮な気持ち・引き締まる思い・舞台に立つ自覚などが自然と湧き立ってきます。

衣装の力を上乗せしたこの日の稽古は、雨の日特有の憂鬱さを吹き飛ばすような熱量が稽古場に充満し、晴れやかで爽やかな雰囲気に満ちていました。

 

演者側の前進と熱量、そして発表会をご覧になる、前回以上の数のお客様。

メンバー1人1人の3ヶ月の成果が結実する発表会は、いよいよ再来週です!!

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クールレポートVOL.8】

6月1日(土)、いよいよ発表会当月に入り演目の創り込みが進んでいます。

この日は通常の練習に加え、発表会本番で誰がどの衣装を着るか決める、『衣装合わせ』も行ないました。

やはり皆で衣装に袖を通すと、一気に空間が華やぎ、身も気も引き締まる思いです。

 

また、ここに来てなんとこのクラスへの体験希望者が!!

小学校低学年の女の子で、一生懸命周りに付いていきながら、最初から、最後のお掃除まで参加してくれました。

 

様々な人が集い、沢山の汗をかきながら歌い込み、踊り込み、大きな声をいっぱい上げて、舞台衣装に袖を通して・・・と、こういった事は、中々日常で体験できる事ではありません。

だからこそ、こういう活動の場と言うのは、特別なのだと思います。

 

それは前回・今回のクールを通して、参加メンバーの意識、動きや声の変化にも現れていて、最近では練習に臨む顔つきも確実に逞しくなったように感じます。

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クールレポートVOL.7】

5月とは思えない記録的な暑さとなった5月26日(日)、7回目となるアーカイブ・オブ・アイムズミュージカルのレッスンを行いました。

 

前日が小学校の運動会だったため、翌日に日程を変更してのレッスンとなったこの日。

参加者の子ども達の中には、運動会の疲れからかいつもより身体が思うように動かないとの声もあがりました。

それでも、動けない分誰よりも大きな声で歌ったり、ダンス練習の際にはアドバイスを聞き漏らさないぞ!と、いう意識を持ち、今の自分に出来ることを最大限に発揮している姿が印象的でした。

 

ここまで来たら、あとは練習あるのみです!

6月22日(土)の発表会に向けて、カウントダウン開始!

メッセージ性が溢れる『邪馬台』の歌と、迫力のダンスが見せ場の『魂』をお客様に届けましょう!

【アーカイブ・オブ・アイムズミュージカル 2019春クールレポートVOL.6】