HOME > 活動情報 > 作品紹介 > 飛天

飛天(ひてん)

あらすじ

​最下級飛天の天花(テンホワ)は、15年前、自分が『心の鍵』を開け忘れたことで、生まれつき言葉を話せなくなった少女を探し続けていた。

天花は、少女に償いをするため、魂とひきかえに悪魔のガッドと契約を交わし、地上へ降りてゆく。

2000年12月、地上は、20世紀最後のクリスマスを目前にしていた。

公演歴

2000

札幌・新冠公演

1999

札幌・知床・小平公演

1998

札幌・新冠公演

公演チラシ

Photo Gallery