HOME > 活動情報 > 作品紹介 > まな子と瞳

詩劇 まな子と瞳

あらすじ

『東北の悲しみとそれを越える東北の強さを伝えたい』

未曾有の大震災が起きたあの早春の日を境に、風評に流され忘れ去られていく日々
全てが歪み、現実と幻想の狭間に彷徨う「まな子」と「瞳」
紡ぎ出される言葉の謎を追いかける「博士」と「助手」
それを阻止する「巨大な力と傀儡達」
「まな子」を取り巻く不可思議な人間模様が織り成す、この世成らざる「希望と再生」への物語

<原作>澤田亜沙子

<脚本・演出>三木弘和(東北福祉大学教授/脚本家・演出家)

公演歴

​2017

いわき公演

2016

札幌・仙台・大船渡公演

2013

仙台公演

※実験音楽詩劇として上演

公演チラシ

プロモーション

Photo Gallery