HOME > 新着情報 > 記事

I'Ms studio休講のお知らせ



  I’Ms代表理事の三木弘和でございます。

平素より、我々の活動にご理解やご協力を賜り、心より感謝致しております。

 現在、日本だけでなく世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が進行し、東北の地にも深刻な事態が現実のものとなって参りました。春先から小・中学校も長期の休校となり、ご家族の皆さまも先の見えない不安に心を悩ませておられる事かと存じます。この春からのウイルス感染拡大の余波を受け、当スタジオにおいても、受講者の皆さまに不自由な想いをさせており、申し訳ない気持ちで一杯です。

 その様な現状の中、宮城県に関しましては緊急事態宣言が発出されている訳では御座いませんが、I’Msとしても熟慮を重ねた結果、4月15日(水)からI’Msスタジオでの全レッスンを休講させて頂くとの決断にいたりました。

 昨日のクラスでも、子ども達は踊りたい、仲間に会いたいと、多くのメンバーが休まずに出席してくれました。子ども達の状況を思えば、有り余った表現欲求やエネルギーを十全に発揮できる場として、若しくは子ども達の居場所として、出来得る限り開講を継続出来ればと願って来たのですが、現状を鑑み、5月6日まで閉講の措置を取らせて頂く事と致します。

 ただ、心配ばかりしていても先は見えて来ません。現在の我々は、何ら答えの見つからない状況の中でも、急がず、慌てず、じっくり耐えうる能力や術(すべ)を身に付ける事が問われているのかもしれません。考え、忍び、悩む事の意味や価値の先には、必ずや我々に新しい創造の源や生命力を生み出してくれると信じたいものです。

I’Msスタジオでは休講の間、皆さんにご提供出来る事として、多様なレッスン動画を各クラスへ定期的に配信させて頂ければと考えています。

以下、内容です。

5月8日開講の『舞台の学校』の説明会及び体験会をオンライン配信します。既に4月から『舞台の学校』に参加しているメンバーには、レッスンスケジュールに準じた動画を配信する予定です。

各クラス(ジュニアダンス及びアーカイブ)に不可欠な基礎レッスンの動画を配信します。

③ジュニアダンスの振付の一部配信を行ないます。

④週末プログラムとして、I’Msの過去の舞台公演の映像をご提供します。

上記の映像をテキストにしながら、是非とも御家庭内でのレッスンを楽しんで頂ければと願っています。

 子ども達は積極的に楽しく挑めるものを見つければ、人としての本質にそった創造的な生き方を創出する事が出来る様になります。この際ですから、子ども達だけではなくご家族の皆さまも動画配信をご覧頂きながら、ご一緒にお楽しみ下さると幸いです。

 まだこの先の往く末は不確実ですが、どうぞ万難を排して、ご家族や子ども達と共に力を合わせて乗り越えていきましょう。

 再会の日まで暫くのご無沙汰となりますが、どうか「こんな日もあったね」と、懐かしく想い出せる日が来る事を願いながら、日々の生活を大切に過ごしていきましょう。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、どうぞ宜しくお願いします。

最後に、子ども達へ。

「ごめんなさいね。また会いましょう!」



2020年4月14日

一般社団法人 地域舞台創造I’Ms 代表理事

三木弘和